退行催眠療法? 前世療法? ヒプノセラピー? (?)


 よく、私の元にはよく以下のような質問が寄せられます。(だいぶ以前のメルマガから抜粋します。)

「私は、最近ある催眠療法の施設を訪れた者です。しかし、入室した瞬間に「失敗した~!」と思いました。出てきたのは、趣味の悪いアクセサリーをじゃらじゃらと身につけた人。 催眠療法以外のことでの自慢から始まりました。その後に「あなたは必ず治る!私は他にない、世界で唯一の方法を解明しています。必ず治すと言いながら領収書を切り、「はい、代金。」と手を出しました。。。療法は、50円玉から木綿糸にぶらさげた鈴を見つめるところから開始。「揺れます。揺れます。」・・・いろいろ誘導されましたが、鈴は揺れませんでした。遂にはその老人が手を添えて揺らす。。。私は催眠を拒絶する力が強く催眠に入りにくいのだとか。。。その後、椅子に座らされていろいろと催眠を誘導されましたが、何も見えませんでした。目を強く押さえこまれたり、背中や方を叩かれたり。。。痛いだけでした。「さぁ、あなたは小学生。校庭に桜の木がありますね。どこにありますか。桜の花は何色ですか?」と聞かれて、何も見えてないけれど小学生の頃の記憶をたどって「校門の右側にぴんくの桜の花が。」。。。本当は何も見えない。。。何の良い効果も感じられませんでした。しかし、「ぴんくの花が見えたのですね?これはすごい!通常でしたら200日くらいかかるのですよ。こんなに早くこの段階にたどり着けて、すごい!あなたは、通えば必ず治る!」と言われました。催眠療法ってこのようなものなのですか?もしそうでしたら、私には適していないようです。今月、お時間をいただけましたので、先生のところにお邪魔する予定ですが、もし私が不向きなのでしたら、教えてください」

 まず、基本的なところからお話しましょう。  ヒプノセラピーでは退行催眠で思い出す内容と言うのは、忘れていた記憶です。ですので、ヒプノセラピーで思い出した記憶がもし総て、元々覚えていた記憶だったとすると、それは思い出した記憶ではないわけです。ですのでその場合、それは退行催眠で思い出したわけではありませんので退行催眠にはなっていなかった、と言えます。 ただし、部分的に元々覚えている記憶を思い出したにしても、その時初めて思い出した記憶も含まれている場合、それは退行催眠によって思い出した記憶だと言えます。この場合はヒプノセラピーになり得ます。
次に、様々な光景というのも、もちろん本人が思い出すものです。 もっとも、ヒプノセラピーで催眠状態に誘導する時には、ある情景を想像してもらうことはありますが、それはあくまで催眠状態に誘導するのが目的で、催眠状態に入ったあとで本人に特定の情景を与えることは退行催眠ではありませんし、ヒプノセラピーでもありません。 
 ちょっと整理しましょう。 退行催眠で思い出す記憶というのは忘れていた記憶であって、元々覚えていた記憶ではありません。退行催眠で現れてくる光景も本人が思い出す記憶であって、他から与えられるものではありません。
 
また、この例では出てませんが、時折、 ヒプノセラピーで前世療法は霊と関係があって霊がどうのこうのというところ(施設)がある、と聞きます。確かに前世の記憶、と言うとどこか霊絡みの何かとか、オカルトとか思われがちですが、前世の記憶というものは幼児の時のような過去の記憶同様の忘れられた記憶なのです。 くれぐれもこれと霊とを混同されないようにされて下さい。
ブライアン・ワイス博士の「前世療法」では確かにマスターと呼ばれる精霊達がメッセージを与えてくれていますが、博士自身、これは一般的ではない、と著書の中で述べてます。 
 また、わざわざ辛い過去の記憶を思い出すのが退行催眠と言うわけでもありません。 よく、ヒプノセラピーで過去の嫌な出来事を蒸し返されてかえって辛い症状を現在に持ち込んでくる方々がおりますが、それも的確な退行催眠療法とは言えません。

前世療法は辛い前世の記憶を退行催眠によって思い出して再体験することによって
その時のトラウマが解消されて癒されて、現在起きているさまざまな不都合が
まるで嘘のように消滅するという療法だと何か勘違いされている方は多く、
そのために、辛くて嫌なことをいくら蒸し返されても、ひどい場合には
あなたがこういう風になったのはあなたの親が虐待したからだ、とか
あなたは性格が悪くて、そのためにこういう問題が起きているんだ、とか
根も葉もないことを言われて罵倒されても不思議にも思わない方は
もしかしたら多いのかもしれません。

このページの先頭へ